包茎手術を受けることで、性的な悩みは全て解決できるって思っていたんですけど、新しい悩みを発生させることになってしまったのです。
手術跡がクッキリとしちゃって色が違うんですよね。
自分のチンコをみた時、絶対女性の前で見せることなんかできないって思っちゃいました。
いや男性の前でも見せるのは無理だろう、絶対笑いの対象になってしまうって思えてしかたがありませんでした。
これじゃ憧れの素人童貞の卒業は無理じゃないかって気持ちになっちゃったんです。
自分のような経験をしている人がいるかな?そういう人の話を聞けたらいいなって気持ちがあって、ネット検索してみました。
あれこれ検索を続けてみたら、何と自分と同じような会社員が手術して色がハッキリ分れてしまった経験をしているのが分かったのです。
しかし、そんな会社員が素人とエッチをすることに成功したなんて書いてあるんですからね。
そんな恥ずかしいチンコでどうやったんだろうって感じでした。
でも、よく考えたら自分と同じような悩みを持っている会社員が、エッチすることに成功したと言う事は、チャンスありなんじゃないのかって思えてしかたがありませんでした。
彼の体験した話を読んでみたのですが、世の中には童貞好きな女性が存在をしていると言うのです。
ネットを使って童貞狩りを楽しむ異性を探すことができる、知り合いからそのままホテルに入って関係を持つことが可能だと書かれていました。
筆おろししてくれる相手をネットで見つけられる、これってすごく合理的な方法に感じてしまったのです。
経験がないと言う事は、なかなか口に出しにくい部分が男はあります。
さらにチンコにコンプレックスがあったら、なおさらそのことなんか口に出すことは恥ずかしいです。
だけどネットの世界だったら、顔が見えないので話をしやすいですよね。

だから相手を探しやすいのかもしれないと思いました。