股間にたいしてコンプレックスがありましたから、なかなかセックスを求める行動に出ることができませんでした。
本当はエッチを楽しみたいって気持ちは誰よりも強く持っていたと思うんですが、しかしそれでもやっぱり恥ずかしさとかありますからね。
皮かむりのチンコを見られてしまうって恥ずかしいし、それに嫌われてしまう可能性だってあるって感じちゃっていたんです。
世の中、皮かむりのチンコを毛嫌いする女性が多くいるなんて聞いたことがあって、だから自分のチンコを見せるのが怖いなって思っちゃっていました。
その所為で全然経験ができなかったんです。
結局、学生時代に経験ができなかったこともあって、社会人になってから給料で風俗に行く気持ちになりました。
風俗嬢だったら仕事でやっているんから、嫌な顔しないよなって思ったんです。
プロの体で気持ちよくなるのも悪くないし、とにかく初めての経験はしなければいけませんからね。
思い切って給料日後に、某風俗街にあるソープまで出かけていく事になりました。
めちゃめちゃ緊張状態でしたよ、こういうサービス使うの初めてでしたからね。
それでもやっぱり興奮度が高くて、妙に勃起ばっかりしちゃってたんですよね。
結構可愛らしい泡姫にチンコを洗ってもらったりフェラしてもらったり、たっぷりと快楽付きのサービスを受けちゃったんです。
そしていよいよ彼女のオマンコの穴で、人生ではじめての挿入をすることになりました。
童貞卒業は果たせたのだけど、立ったみこすり半で発射しちゃって、やっぱり皮かむりだから敏感なんだよなって感じで、早漏まで自覚することになってしまったのです。
素人女性と一発やりたいなって気持ちはあるんですが、皮かむりでやたら早く射精しちゃうので、やっぱり難しいかな?って気持ちにもなってしまっていたのです。