愛人バンク

無償でお金くれる人を愛人募集掲示板で探した私を救ったパパ活アプリ
 夕ぐれ族って愛人バンクが、80年代の初頭に世間を騒がせました。
私が若かった頃のお話です。
その頃は、時代の色に合わなかったようで、かなりバッシングを受けて、連日報道なんかがされていたのが記憶に残っています。
考えるに、愛人バンクと言うのは、画期的なシステムだったと思うんです。
時代を先取りしすぎ、世間から叩かれたような感じでしょう。
正直なところ、現在でも愛人バンクがあれば、正直お世話になりたいと思っている50代の私です。
何故かといえば、生活が厳しいだけだからなのです。
将来の不安も強烈で、お金助けて欲しいとばかり考えている状態でした。

 お金くれる人はいないものか?
ネット検索をする日々だったのですが、パパ活という言葉が飛び込んできました。
これ、ドラマ化されたよな!なんて思っちゃって、でも50代だしな?
どうなのかな?
気になりネットで調べたのです。
これ、50代でもなんとかなるようなことが書かれていたのです。
望みは少ないのかもしれない。
でもチャンスがあれば、手を出してみようなんて考えました。

 出会えると言われるパパ活アプリに登録しました。
年齢も嘘偽りなく書き込み、生活が大変だからデートで癒して欲しい内容を投稿していたのです。
見向きもされないのは覚悟でした。

 忘れていた頃に、連絡が到着したのです。
50代後半男性だったのですが、凄く早く話が進みました。
顔合わせも早め、そしてその場で都度払い2万円契約が成立してしまったのです。
自分でも驚くばかりでした。

 結果としては、本物のパパと出会い、食事デートでお金を貰えるようになりました。
50代のパパのいる生活、危険なほど魅力を感じてしまっています。
良いパパ活アプリを利用することで、年齢関係なく出会いは探せるものなのかもしれません。
40代のパパ活
愛人募集掲示板
愛人クラブ